写真撮影編

Page 5 of 5«12345

このページではホテルレビューの写真を撮るた為のポイントについて説明します。

撮影機材

綺麗な写真を写す為に必要なカメラは一眼レフではありません。確かに一眼レフを使うと背景をぼかしたりコンパクトカメラで撮影できないような写真を撮ることができますが、コンパクトカメラでも下記に書くような基本を押さえた撮影をすることにより十分に綺麗な写真が撮れますので、是非、下記を一読の上、挑戦をしてみてください。ちなみに、本日現在(2009年6月)、このWebsiteの写真は全てコンパクトデジカメでの撮影です。

撮影場所

以下のような場所を写真撮影すると良いと思います。初めての方は下記表を印刷して撮影の時にチェックをするのが良いと思います。なお、下表はあくまで参考ですので全てが揃っていなくても、下記以外の物があっても問題ありません。

No
場所 撮影ポイント チェック
1
客室内 部屋に入ったところから部屋全体                      
2
ベット全体                      
3
ベットサイドデスク                      
4
ソファー                      
5
テーブル                      
6
デスク                      
7
デスク上の小物のスポット                      
8
テレビ                      
9
ポット、コーヒー、スナック等                      
10
ミニバー冷蔵庫                      
11
ミニバー価格表(後から感想を書くため)                      
12
窓からの景色(昼間)                      
13
窓からの景色(夜)                      
14
部屋の端から部屋の入り口方向の部屋全体                      
15
バスルーム全体                      
16
洗面台全体                      
17
アメニティー等のスポット                      
18
バスタブ全体                      
19
シャワー全体                      
20
トイレ(特筆すべき物の時)                      
21
客室通路・
ロビー
客室通路                      
22
客室階のエレベータホール                      
23
フロント                      
24
ロビー全体                      
25
エントランス                      
26
車寄せ                      
27
その他 駐車場                      
28
ショップ                      
29
レストラン                      
30
ホテル周辺の様子                      

撮影テクニック

私は写真のプロでは無いのでプロ的な話はできませんが、今までの私の経験からするとホテルレビューの写真においては以下のポイントが重要です。

  1. 原則としてフラッシュは使わない
  2. しっかりカメラを固定する

フラッシュを使わない

下の写真を見てもらえば一目で違いがわかりますね。暗いからフラッシュを使うとうのは間違です。フラッシュを使うと本来の色はフラッシュの色で潰れてしまいますし、フラッシュの届く距離は2mが良いところですので、遠くは完全に消えてしまいます。

フラッシュ有し

フラッシュ有り

フラッシュ無し

フラッシュ無し

という事でフラッシュの設定は発光禁止にしてください。

しっかりカメラを固定する

しかし今度は別の問題が起きます。フラッシュを使わないという事は、カメラはその分シャッターを開いている時間を長くして多くの光を取り込みます。すると今度は、シャッターが開いている間にカメラが動くことにより画面がボケる手ぶれの問題が起きます。

本当に暗い場所でフラッシュを無しで取るとカメラのシャッター速度は1/2秒以上になります。カメラによりますが人の手で持っていて手ぶれをしないのは1/15秒より短い場合で、それ以上の場合は相当手ぶれに気を付ける必要があります。

具体的には、

  • とにかくしっかり手で持って何枚も撮る。(一枚くらいは手ブレが無い写真をできることを期待して)
  • カメラを壁などに押し付けてしっかり固定して撮る
  • セルフタイマーを使う。(シャッターボタンを押す力でカメラが動くのでそれを防止できます)
  • カメラのISO感度を上げる(ただし、画質は落ちます。ここでは詳細は省略します。)

などの対応が必要です。

ただし、いずれも結構撮影に時間がかかります。また、1/2秒より長い場合は手持ちでは何をやっても難しいので、最終兵器は三脚です。

私も買ったこのような大型三脚 は普通の人は買わないでしょうし、持ち歩くのもきついので、是非、下の写真のような小型三脚を購入されることをお勧めします。千円ちょっとで綺麗な夜景も取れますので、デジカメを持っている人の必需品です。

尚、デジカメの液晶は小さく、液晶画面では綺麗に写っていても実際には思いっきり手ブレをしている事がありますので、撮影後は画面を拡大して手ブレをしてないか確認をしてみましょう。

小型三脚

小型三脚

Page 5 of 5«12345