かまどか

この日は自分の夏休みの最終日ということでHP用に茅ヶ崎の居酒屋に取材(笑)に行くことにします。お気に入りの居酒屋「田舎」に向かったのですがこの日は祝日ではあるが月曜日ということで休みでした。

エメロード沿いにあります

仕方ないので新規お店の開拓!ということになり洋風居酒屋は候補がいくつかあったのですが、先週はプライベートでグアムにいて明日から仕事で台湾に行かないとならないので、この日は和風居酒屋にしたくて洋風はパスです。が、しかし、和風居酒屋は結構行っているため新規はあまり思いつきません。ふと思いついたのが以前「とりでん」であった場所が先日は「かまどか」という別のお店に変わっていたことです。早速そのお店に向かいます。場所は駅からエメロードに入ってしばらく行った左側です。1Fは回転寿司の「すし兵衛」の1Fです

この日は17時45分ごろ入ったのですが3連休最終日ということもあり、比較的空いていました。店内の雰囲気は「とりでん」時代と同じで個室風になっております。というか、テーブルのレイアウトを含めて「とりでん」と同じです。(笑)

店内はこんな感じ

食べ物のメニューは、串焼き、釜飯がメインで一品料理も沢山あります。ただし、「とりでん」時代もそうですが、基本的には海鮮系は非常に少ないので海鮮系を食べたいときはお勧めできません。価格帯は平均すると1品500円程度で釜飯は8~900円程度といった感じです。

料理の味は基本的に美味しいです。また価格と比べてもボリュームもありトータルバランスが取れております。また、釜飯は売りのひとつだけあって暖かいまま出てきて最後は出し汁でお茶づけ風にして食べるのですが非常においしいです。

お酒もビールはもちろんカクテル、焼酎、日本酒など一通りのお酒がそろっており特にサワーやカクテルの種類は豊富です。価格は大体400~500円といったところです。お酒の味も美味しくて中々良いです。

一方、スタッフの対応も親切、丁寧で非常に気持ち良いです。

「かまどか」は後から色々調べてみると「とりでん」と同じ「牛角」チェーンでしたが、なぜメニューも雰囲気も同じなのにあえて「とりでん」から「かまどか」に変えたのか?はよくわかりませんが「とりでん」同様に価格と味、量などのバランスが非常によくお勧めのお店です。 ちなみに、この日は一人3杯ほどお酒をのみお腹一杯食べて一人8000円程度でした。

生は一番絞り

シーザーサラダ

湯葉巻き豆腐の豆乳仕立て

季節料理の秋刀魚の刺身

利右衛門さんの梅酒

やきとり串5本盛り

黒糖焼酎 里の曙

ビントロアボガドわさび醤油和え

漬物盛り合わせ

鶯梅

ガーリックフライドポテト(冷凍ではなさそう)

秋味釜飯(お勧め!)

釜飯には出し汁付き

Write a Comment