恵比寿ばし 武生

この日はクリスマスです。今年はクリスマスイブは金曜日と平日だったので夜は土曜日の25日にちょっとリッチな食事に行きました。

外観はこんな感じ

今年のクリスマスに行ったお店は、恵比寿駅から徒歩8分程度のところにある『恵比寿ばし 武生』です。武生は「たけふ」と呼びます。オーナが福井県武生市出身ということからこの名前が付いているとのことです。このお店は高級和食がメインで日本中から良い素材を集めて、都内の有名店出身のシェフが最高の料理をしてくれるというお店です。今、色々な雑誌等で紹介され話題になっています。お店自体は2004年9月7日オープンとのことで何度か会社関係でなんどか利用したことがありましたが、完全プライベートは初めてです。

お店場所は上にも書きましたが、恵比寿駅から徒歩8分位です。住宅街をちょっと歩いて行く形です。ちょっとわかりづらいので行かれる場合は地図を印刷していった方がいいでしょう。

オフィシャルHPを見ていただければわかると思いますが、料理はコース料理又はアラカルトとなりまます。12月23日~25日はクリスマスで特別メニューとなっており、コース料理はクリスマスディナー(6500円)のみとなっていったいましたのでそれを注文します。

カウンター席はこんな感じ。クリスマスっぽくなっています。(テーブルや個室席もあります。)

実際の料理は、写真の通りどれも綺麗に盛り付けられていて味も最高です。もともと、あまり料理には鈍感な私でさえも素材の良さ等を感じることができる美味しさです。特にこのお店の料理は味だけでなく香りも楽しめるが非常に良いところです。

さて、お酒の方ですがビールは普通の生だけでなく黒生もあります。また、ワインはお店に大型のワインクーラーまで設置してあって非常に多くのワインが楽しめます。また、日本酒、焼酎の種類もびっくりする程の種類があります。特に日本酒、焼酎は非常に少量しか手に入らないような物も飲むことができます。

値段的にはビールが600円、後は大体一杯700円~800円といったところでしょうか。高いお酒は万単位のワインボトルもあります。これだけお酒があり、営業時間も4時までですから飲み直し場としても最適でしょう。

またこのお店のお勧め席はカウンターです。中で料理をしているのも良く見えて楽しいですし、この日は副料理長が色々料理の説明をしてくれました。 このお店、普通の居酒屋に比べれば価格自体は安いという金額ではありませんが、その価格以上の内容です。ちょっと大人の雰囲気で美味しい料理とお酒をゆっくり楽しむには最高のお店です。

こんな感じで飾ってあります

クリスマスツリー(のイメージだそうです)

コースについてくるシャンパン(ゼリーで色付き)

「食前の一口」の納豆醤油と豆腐

ビールはキリンビール

黒生もあり

「和の前菜をスペシャルグラスプレートに」お刺身やアン肝です。

塩で書いた文字、 青海苔のクリスマスツリー、大根のロウソクなど、非常に凝っています

これがワインセラー

白ワイン

焼酎

「海老芋と老鶏の温かいスープ」中身はフォアグラです。最高でした!

これが海老芋です

「鴨治部煮と聖護院蕉の煮物」やわらかい鴨肉でした

「山形牛」こちらもとろけるようなステーキ

モスコミュール

「たくさん魚貝の釜炊き御飯」非常に良い風味がして最高の味

この様にお釜で出てきます

「デザートの盛り合わせ」

Write a Comment