つばめグリル

この「つばめグリル」は茅ヶ崎の中でちょっと美味しいヨーロッパ風の料理を食べるのには最高の場所なので、今までに何回も行った事がありますが、今回は新年会ということでいつものメニューとはちょっと違ったメニューを楽しんできました。

場所はルミネの6F

お店の場所は、駅ビルの茅ヶ崎ルミネの6Fレストラン街にあります。もともとこの6Fのレストラン街にはお勧めのレストランが何軒かあるのですが、そのなかでもつばめグリルはお勧めの1店です。

料理は基本的にはハンバーグ、ソーセージなどヨーロッパ(ドイツ?)風の料理となっております。普段だと必ず『つばめ風ハンブルグステーキ』を食べるのでですが、この日は新年会コースということでちょっとリッチに一人5000円のコースです。テーブルは奥の方の半個室のような場所を用意してもらうことができました。

ここでコースの料理を食べるのは初めてでしたが、見た目も味もなかなか美味しいです。もともとこのつばめグリルはチェーン店で、東京にあるセントラルキッチンで基本的な調理をするそうです。

店内もちょっとおしゃれな雰囲気

一般的にセントラルキッチンというとコスト低減のような感じで品質が落ちるような気がするのですが、このつばめグリルでは品質確保のためにセントラルキッチンで作るとのこと。さらに、各支店へは冷凍せず、防腐剤も使わずに必要最小限だけ運んでいるとの事美味しいのは当然といった感じでしょうか。

飲み物は、ヨーロッパ風ということで、生ビールは普通と黒があります。ワインはグラスだと、赤と白各1種類、ボトルだと白3種類、赤3種類といった感じです。あとはカクテルがあります。さすがに、日本酒、焼酎といったものはありません。

今回はコース料理でしたが、料理はトータルで考えても味、内容ともよかったです、飲み物はワインがもうちょっと種類があると良いと思います。

いずれにせよ、お食事メインでちょっとヨーロッパ風のレストランでの雰囲気を味わうには最適のお店です。 ちなみに、茅ヶ崎店は「ぐるなび」にも情報があります。

大ジョッキはかなり大きい

アペタイザー

スモークサーモン

赤ワイン

牡蠣のグラタン

ソーセージ、豚肉、酢キャベツのプレート

トマトのサラダ(中がくり貫いてありサラダが入っています)

調子にのってワインをもう一本

メインのサーモンのムニエル

デザート

コーヒ

Write a Comment