CANON EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS

先日、『TAMRON AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC MACRO Model B003) 』を購入したレポートをして、結果的に返品をすることになってしまたレポートをしました。その際には買ったのが、純正品の高倍率ズームレンズ『CANON EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS』です。

本来は、最初からカメラ本体とこのレンズのセットを買っておけば、バラで買うより2~3万円程度は安く済んだはずなのに、本当にそれが悔やまれます・・・。ということで、今回はこの製品のレポートです。

CANON EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS

外箱

外箱

レンズ本体と説明書

レンズ本体と説明書

手ぶれ補正とオートフォーカス/マニュアルフォーカスの切り替えスイッチがあります

手ぶれ補正とオートフォーカス/マニュアルフォーカスの切り替えスイッチがあります

CANON EW-78D

通常レンズには余計な光が入り込むのを防止するためにフードがあった方が良いです。このレンズの場合フードは別売りのなので、このレンズに適合する『EW-78D』を購入しました。

レンズフード EW-78D

レンズフード EW-78D

これがフード

これがフード

カメラとへの装着

このレンズをEOS 50Dへ取り付けてみました。

広角状態

広角状態

望遠状態

望遠状態

サンプル撮影

石川県小松駅前のホテルから小松空港を撮影してみました。上の写真は18mmの広角、下の写真は200mmのズームです。

広角写真では空港の存在自体も良くわかりませんが、ズームでは飛行機まで良く見えます。

18mm広角

18mm広角

200mmズーム

200mmズーム

総合感想

以前のレンズ『TAMRON AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC MACRO (Model B003) 』に比べると、ズームは少ないですが、何よりAFの性能やピンボケが無いので非常にストレス無く写真撮影ができます。私の価値観ではズームの低さより出来上がった写真のピンボケの方が許せません(笑)。レンズのモーターもUSMという高速な超音波モーターではありませんが、十分な速度が出ていると思います。

総合的に、手ぶれ補正はTAMRONの方がビタッと止まって、性能が良かったのでは無いかと思いますが、やっぱりピンボケ写真ができない分だけこちらの方が私には全然合っています。

さて、問題はこんなに高級なカメラとレンズを買って何を撮るか?という事ですね。(汗)

関連記事

Write a Comment