佐多宗二商店 本格焼酎『刀』(ANAオリジナルパッケージ)

今回は日本のお酒の紹介です。

お酒の名前は『佐多宗二商店 本格焼酎『刀』です。「佐多宗二商店」は鹿児島県南九州市にある酒蔵で「晴耕雨読」「不二才」などの焼酎が有名です。今回の刀は「本格焼酎は日本が世界に誇れる蒸留酒!」との思いから作られ、ANA国際線の機内販売のみで手に入るANAオリジナルパッケージ商品です。

このお酒自体は、機内販売誌の文言をそのまま流用させてもらうと『伝統の手法と有機栽培が生んだ幻の本格焼酎。名水の地、南薩摩の頴姓で蔵人が昔ながらの手法で作る本格焼酎です。500年以上もの伝統を頑なに守り、有機栽培の芋焼酎「紅さつま」の中心部のみを贅沢に使った芋吟醸。』という物だそうです。

そのお酒を、ANA特注の桐箱、真田紐、ふろしきを使用してANA機内販売特別パッケージに入れて販売しています。

値段は3800円で量は500mlですので、かなり高級な焼酎です。

特注の桐箱

特注の桐箱

桐箱の中

桐箱の中

このようにふろしきと真田紐で包まれています

このようにふろしきと真田紐で包まれています

このような外観です

このような外観です

改めてグラスを買おうかと思っています(笑)

改めてグラスを買おうかと思っています(笑)

さて、飲み方は当然ロックです。実際に飲んでみると、芋焼酎というと芋の匂いを想像するのですが、この焼酎は、ほとんど芋の匂いがありません。味はすっきりしていて非常に飲みやすく、かなり美味しいです。

お酒が好きな私も普段は、焼酎から飲み始めることは無い(飲めない)のですが、この焼酎は最初からロックで飲んでもすっと入ってきます。今まで芋くさければ美味しいと思っていましたが、本当に高級な焼酎は違うのですね。でも、注意が必要なのは、この焼酎は原酒なのでアルコール度数が44度あります。空腹で飲むと一気に酔っ払いますので、様子を見ながら飲みましょう(笑)。

いずれにせよ、ちょっと高いですが、お酒の好きな人は、是非ANAの国際線に乗られた際には購入してみることをお勧めします。

Comments

青矢 大宗:

職場体験有難うございました。

Write a Comment

UTF-8