ELECOM HDMIケーブル DH-HD13A30WH

あえてレビューを書くほどの物でも無いような気がしますが、参考までに記載します。ちょうど『SONY ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-A950』を購入した時に、AVアンプのとの接続にHDMIケーブルが必要でした。その際にアマゾンで『ELECOM DH-HD13A30WH』を購入しました。

HDMIはHigh-Definition Multimedia Interfaceの略で、主にハイビジョンの映像を機器間でやり取りをする為の規格です。HDMI規格で送受信する信号はデジタル信号で、映像と音声のどちらも一本のケーブルで送信ができます。このHDMIにはバージョンとかカテゴリなどの区別があってちょっと複雑です。

ケーブルを買うという観点では、バージョンは横に置いて、カテゴリに着目しましょう。それぞれ以下のような特徴があります。

  • カテゴリ1(スタンダード):最大伝送帯域が74.5MHz
  • カテゴリ2(ハイスピード):最大伝送帯域が340MHz

伝送帯域と言われてもピンと来ないかもしれませんが、どれだけ早いデジタル信号を送受信できるか?ということです。表示しようと思っている画像の解像度によりますが、今はカテゴリ2が主流ですので、基本的にはカテゴリ2(ハイスピード)の物を買えば間違えないと思います。

また、ケーブル購入のポイントにHDMI認定マークというのがあります。HDMI License LLCが指定するテスト機関のテストに合格をした商品がHDMI認定品としてロゴを付けて販売することできます。認定を受けているといことは、テストに合格をした。と言うことですが、決して製品の品質(例えば不良品率)が良いという訳ではありません。

ただ、良くも悪くても認定を通ったということは、少なくとも認定を通る品質のケーブルをテストに時には作ったという事で、その観点では認定が無いものより一応安心はできると思います。一方、この認定を受けるためには当然色々な費用が必要で、それが値段に反映されているのは言うまでもありません。最終的には安心をとって認定品にするか、価格をとって非認定品にするか?の判断によります。

今回私は、カテゴリ2でHDMIロゴマークがあり、比較的安価だったこの製品を買ってみました。実際に使用をしてみたのですが、当然なんの問題も無く利用できました。効果対費用という点では中々良い商品だと思います。

外箱

外箱

裏側

裏側

ケーブル

ケーブル

Write a Comment