Franziskaner Hefe-Weissbier

今回はドイツビールの紹介です。その名は「Franziskaner Hefe-Weissbier(フランツィスカーナー) 」です。

このビールは夏比較的暑いドイツ南部 ミュンヘンを中心とするバイエルン地方で飲まれているビールで「ヴァイゼンビール」「ヴァイスビール」と呼ばれる種類に分類されます。

ビール職人のラベルが印象的です

ビール職人のラベルが印象的です

特徴は実際の色を見てみると直ぐにわかるのですが、色が白く濁っています。原料は小麦で上面発酵製法という物で作れており、白いのは酵母が活発に活動をしているからとの事。

味の方は、かなりクリーミーでまろやかです。日本で一般的に飲まれているピルスナービールとは全く違います。飲み終わったときの口に広がる香りはなんとも言えないです。

私はドイツに行ったときには、必ずこれを飲んでいます。このビールはミュンヘンのスーパーで買ってきましたが(確か1.5ユーロほど)、日本でも数は少ないですが、飲めるレストランがあったり、通信販売で売っているショップがあるので、是非一度試してみることをお勧めします。

Write a Comment

UTF-8