カラープリンタ EPSON Colorio PM-G860

12月は海外旅行も行っているし、プリンタを買う予定は無かったのですが、年末も押し迫った12月28日に既に6年間使っているプリンタ「CanonLBP-1110」で年賀状の印刷をしていると、、、。昨年からこの症状は出ていたのですが、今年はどうにもならない状態になりました。その症状とは位置ずれです。郵便番号の場所に郵便は表示されないですし、平気で文字が紙からはみ出します。普通のA4用紙では問題なく、年賀状の用紙がどうも滑りやすくて駄目みたいです。

10枚印刷すると10枚失敗するので、これは年賀状の無駄だと思い。プリンタを買う検討を始めます。私自身はプリンタは印刷品質が高いレーザービームプリンタが好きで、どうもインクジェットは好きではありません。しかし、レーザービームプリンタで個人で買える様な物はモノクロしかりません。

箱は大きいですが比較的軽い
箱は大きいですが比較的軽い
電源ケーブルは付属ですが、USBケーブルは別に用意する必要があります
電源ケーブルは付属ですが、USBケーブルは別に用意する必要があります

レーザーかインクジェットかで散々迷ったのですが、文字の品質は多少妥協をしてカラーインクジェットにすることにしました。

価格.comの評判を見ていると『EPSON Colorio PM-G860』の写真印刷品質が随分評価が良いみたいです。一方でこの機種の競合機種である『Canon PIXUS iP4500』も同様に評判が良いようです。更に色々調べるとPM-G860は写真はダントツ、しかし文字はイマイチでランニングコストも高い。iP4500は写真はPM-G860に比べると劣るが、文字印刷など全体的にバランスが良いとのこと。

散々迷ったのですが、文字印刷はLBP-1110があるので写真印刷に絞ろうと考え『PM-G860』と専用の『写真用紙クリスピア』を近くのヤマダ電機で買ってきました。

実際に使ってみると、写真印刷でも速度は早いし、何より「写真用紙クリスピア」に印刷した画像はメチャククチャ綺麗です。これは本当にビックリです。写真屋さんに頼んで現像してもらった物と見分けが付かない位です。いや~技術の進歩は早いというか、、、、本当の本当にその品質にビックリです。

今回、年賀状の2/5程度の面積に写真を印刷して40枚ほど、KGサイズの写真を3枚ほど印刷して一番減った黄色が残り半分になりました。まぁ色毎にインクは変えられるのですが、やっぱりコストはそれなりに掛かりそうです。

また、インクジェットは定期的に使わないとインクノズルが詰まって駄目になってしまうことが多いので私も原則週に1回程度は用事が無くても写真の印刷をしようかと思っています。

総合的に考えて1万5000円以下の値段でこの性能。かなりお勧めです。(2008/01/14)

内容物
内容物

Write a Comment