カメラ三脚 Velbon Sherpa 435

今回は、2007年初めての電気関係の買い物かもしれません。もともと、私は写真にそれほど興味があった訳ではありませんので、まさか、こんな物を買うとは思っていませんでしたが、HP用の写真を撮っているうちに興味が沸いて来てしまいました(笑)。

今回買ったのは三脚です。元々2002年に初めてデジカメを買ったときに3000円程度の三脚を買っていたのでのですが、色々使ってみると高さが低く、水平方向が調整しずらいなど色々な不満がでてきていました。

そもそも、三脚というとセルフタイマーで自分を撮ることを想定しがちですが、実際の用途はこれ以外の場合のことが多いです。具体的には夜景やホテルのなど室内を綺麗に撮るときにはフラッシュは使用できませんので、自然にシャッター時間を長くして多くの光を取り入れるようにします。

箱
三脚ケースもついています
三脚ケースもついています

その時に、手でカメラを持っていると、どうしてもカメラが動いて確実に写真全体がボケます。同様に、カメラをズームして撮影すると手持ちではぶれる可能性が高くなりますので、このような時にも三脚は必須です。

三脚も本当に2,3千円で買えるものから5,6万円する物まで本当にピンきりです。最初はこれらの違いは全く気にしていなかったのですが、色々調べるとその違いが良く分かります。

今回買った三脚は『Velbon Sherpa 435』という物です。新宿のヨドバシカメラで13800円という価格でした。

どの三脚を買おうか非常に迷ったのですが、さすがに2万円以上の物は予算の都合もあり見送り。1万円代の物はこの三脚が一番評判が良かったのでこれに決めました。

実際に使ってみた感想は良いですね~。重量感もあって、そう簡単にはフラフラ動きません。高さも最大1.61mまで伸びますので、私の身長(181cm)でも腰をかがめる必要がありませんので、非常に楽です。また、この位の高さがあると、高め目のアングルから撮影ができますので、色々便利です。

この三脚は総合的に見て中々良い三脚で、この価格帯としてはお勧め度No.1だと思います。(2007/5/27)

三脚本体
三脚本体

関連記事

2009-05-17 (日)

Write a Comment