デジタルカメラ Panasonic DMC-LX2

2005年11月からデジカメは「Panasonic LUMIX DMC-LX1」を使ってきました。このカメラは唯一16:9のCCDで広角28mmが撮影でき、一眼レフ並みのマニュアル操作ができるので気に入っていました。しかし、今回のオーストラリア旅行で、フェンスの上でミニ三脚を使ってセルフタイマーで写真を撮っているときに、約1.5m下のアスファルトへ落下して壊れてしまいました・・・ちょっとお酒が入っていて、危ないかな?と思いつつも無茶をしたのが原因です・・・(汗)

落下した際にレンズの部分から落ちてしまい、ピントが合いづらい状態になってしまいました。旅行の最中はだましだまし使っていたのですが、このまま使い続けるのは辛いので新しいデジカメを購入しました。

LX2の箱
LX2の箱
内容物
内容物

LX1を買ってから既に1年以上が経過しており改めて機種選定をしてみました。私の希望としては、(1)広角28mm(2)マニュアル操作が充実している(3)もちろん手ぶれ補正(4)常に持ち歩くので一眼レフでなくコンパクトデジカメという物だったのですが、色々調べても(1)と(2)を満足しているカメラというのはLX1の後継機種である『Panasonic LUMIX DMC-LX2』しか無い状態でした。また、後継機種にすればバッテリーやメモリカードがそのまま使えるなどの利点もあります。

最終的に結局は、『Panasonic LUMIX DMC-LX2』を買ってしまいました。ネットや幾つかのショップを見たのですが、地元のヤマダ電気が一番安かったのでそこで買いました。

前回のLX1からのスペック上の大きな変更点は、・画素数が800万画素から1000万画素へ・カメラの液晶画面がワイド画面へ・ISO感度が最低80から100へ、最高が400から1600(通常撮影時)へなどの違いがあります。

黒が渋い
黒が渋い
液晶もワイドになっています
液晶もワイドになっています

また、私が大きく変わったなと思うのではデザインです。LX1のブラックはなんとなくイマイチだったのですが、LX2のブラックはかなり格好いいです。見た目が普通のコンパクトデジカメとはちょっと違います。

実際の写り具合については、まだじっくり使っていないのでわかりませんが、試しに取ってみた感じでは、LX1の常に写真が暗くなってしまうと言う傾向が改善されているように感じます。

と言うわけで、今後このHPの写真はLX2での撮影になります。

しかし、突然の無駄な出費で、結構ショックな出来事でした・・・

この写真はLX1で撮影しています
この写真はLX1で撮影しています
オートフォーカスが調子悪く、マクロでは取れませんのでこの画像です・・・
オートフォーカスが調子悪く、マクロでは取れませんのでこの画像です・・・
LX1同様にレンズ部は突起しています
LX1同様にレンズ部は突起しています

Write a Comment