メモリ · ハードディスク増設

現在使用しているパソコンは2003年12月に組み立てた物で、もう丸2年近く使っておりますがパワーアップをさせてたのはビデオカード程度です。HDDの空き容量が少なくなってきたり、HP掲載用の写真の編集が遅く感じているので、メモリとハードディスクを増設することにします。今回はどちらも秋葉原まで行き『TWO TOP』で購入しました。

メモリは、現在PC-3200(DDR400)の256MBx2=512MBを使っているのですが、メモリの値段が大分安くなっていることもあり512MBx2=1GBを増設して合計1.5GBとします。同じ規格のメモリも何種類かありだいぶ値段が違います。たとえばノーブランドのメモリは一枚4300円程度で、Samsungなど有名メーカのメモリをした物は5500円以上します。ノーブランドは安いのですが品質が悪いものが多く、マザーボードの相性で動かないこともあります。今回はそのリスクを承知でノーブランドの物を2枚購入しました。このお店では相性保障というのをやっていてメモリ価格の5%の価格を払うと、万が一動かない場合他メーカの物に変えてくれます。今回は相性保障にも入りました。

取り付けは非常に簡単で、マザーボードの空いているメモリスロットへメモリを刺すだけです。メモリを刺し電源を入れると無事に1.5GB認識されます。実際の使用感ですが、今まで写真の加工ソフトに写真を20枚読み込むとメモリを使い切ってしまい、スワッピングが起き非常に動きが遅くなったのですが、増設後は写真を40枚程度読み込んでもそこそこ快適に動くようになりました。その他にも沢山のソフトを同時に起動したときも非常に快適に動作します。

今、メモリの値段はかなり安くなっているので、お手軽にパワーアップできる方法としてお勧めです。

PC-3200(DDR400) 512MB x 2
PC-3200(DDR400) 512MB x 2
メモリは両面実装
メモリは両面実装
チップのメーカはPLUSS。パスコンも1個/チップしかなく、いかにも品質が悪そう
チップのメーカはPLUSS。パスコンも1個/チップしかなく、いかにも品質が悪そう
空きスロットに刺します
空きスロットに刺します

続いてハードディスクです。今使っているのはATA133の120GBの物です。今回は日立GSTの HDT722516DLA380 というSerial ATA 250GBの物を増設します。 実際には今回購入した250GBをメインにして、今まで使っていた120GBをデータ保存用にします。

今回、Serial ATAのハードディスクを始めて購入しましたが、Serial ATAはケーブルの取り回しが楽でいいですね。交換後の感想ですがもちろん容量は大きく上がりましたが、スピードの面ではほとんど違いを感じません。とりあえず容量が増えたのでしばらくは写真を大量に保存できそうです。

250GBのハードディスク
250GBのハードディスク
見た目はごく普通のハードディスク
見た目はごく普通のハードディスク

Write a Comment