TVチューナ/ビデオキャプチャボード NOVAC PRIME TV 7133 (ソフトウェア編)

インストール編から既に1ヶ月以上が過ぎてしまいましたが、この製品に添付されてくるソフトウェアの紹介をしたいと思います。

本製品に添付されている代表的なソフトウェアは以下の通りです。

  • LifeView FlyVideo (LifeView Studio) : テレビ視聴・録画ソフトウェア
  • honestech TVR : テレビ視聴・録画ソフトウェア
  • honestech MPEG Editor 5.0SE : MPEGファイルの編集ツール

1.LifeView FlyVideo (LifeView Studio)

もともとこのPRIME TV 7133は台湾Life View社FlyVideo3000シリーズのOEMのようですので、標準でLifeView FlyVideo がテレビ視聴・録画ソフトウェアとして付属してきます。本日現在、テレビ視聴・録画ソフトとしてはLifeViewはインストールしていなかったのですが、先ほど台湾台湾Life View社のHPをみると新しいバージョンが掲載されているので、早速インストールしたレビューを書かせてもらいます。

まず、こちのページから最新版の20.53のドライバ&ソフトをダウンロードしてインストールしました。 起動すると以下のような画面がでてきます。

(画面は、はめ込みです)
(画面は、はめ込みです)

テレビ視聴はもちろん何の問題も無く行うことが可能です。付属のリモコンも問題ありません。しかし、フルスクリーン表示にすると動きの早いシーンで横縞模様が目立ちます。どうもインタレース解除処理を行っていないようです。 これはイマイチです。

テレビ録画機能についても仕様上は記録可能なフォーマットはMPEG1と2となっていますが、実際に録画を行ってみると解像度(最大640×480)などの設定可能項目も少なくイマイチです。(下画面)まぁ単に録画をして後から見ると言った用途だけでは問題無いかと思いますが、DVD-Videoを作ったりするのには不向きのようです。ちなみに、私のマシンでは640×480のMPEG2キャプチャは特にコマ落ちも無く問題無く可能です。(実際にコマ落ちしているかしていないか?は画面に表示されないのではっきりわかりません。目視した結果です。)

2.honestech TVR

2.honestech TVR

続いて本ソフトです。このソフトもLifeView FlyVideoと同じ、テレビ視聴、録画ソフトです。honestech社が開発したソフトウェアがバンドルされております。NOVACのHPに最新版が掲載されていますので早速ダウンロードしてインストールしました。

(画面は、はめ込みです)
(画面は、はめ込みです)

LifeView FlyVideoと比較すると画面のデザインはカッコいいです。テレビ視聴はリモコン含めて何の問題も無く動作します。こちらはインタレース解除も行っているようでフルスクリーン表示をしても綺麗に画面表示されます。録画に関しては下の画面で示すようにMEPG1,2,AVIフォーマットに対応しております。設定項目も多少多くあります。しかしMPEGはいいのですがAVIの設定がエンコーダの選択までしかできなく、エンコーダの設定はできないのです。これはイマイチです・・・

実際にMPEG2で録画をしてみると、MPEG2 720×480 ビットレート4000kpbs、画質Normalでは私のマシンではほぼコマ落ちをしませんでしたが、ビットレート8000kbpsではコマ落ちが発生しました。また、画質をHighにするとどうしても4000kbpsでもコマ落ちをしてしまいます。当たり前といっては当たり前ですが、「ソフトウェアエンコードボードでMPEG2のリアルタイム圧縮ができる」というのはMPEG2の画質については何も唄っていないので結局はあまり綺麗にはできないことがわかりました・・・

今回の最終目標であるHi8テープからDVD-Videoの作成では、MPEG2のリアルタイムエンコードは画質が落ちるのでやめた方がよさそうなことがわかりました。尚、本ソフトウェアで長時間録画をすると、音声と画像がズレてくるバグが判明しており調査中だそうです。(2003/6/1現在)

3.honestech MPEG Editor 5.0 SE

本ソフトはhonestech社が開発したMPEGファイルの編集ソフトウェアです。MPEGファイルのカット、コピー、字幕挿入、画面切り替え効果の付加等が可能です。まだ、細かくは触ってはいないのですが、元のファイルをシーンごとに区切って、そのシーンの切り替え画面で色々な効果を出すことが可能なようです(下記画面参照)。また、AVIファイルなどMPEG2以外のファイルをMPEG2に変換することも可能なようです。(ただし、インタレース解除などのフィルタや細かい設定はできないようです)

結論としては、テレビ視聴・録画ソフトウェアはどうもHi8からDVD-Videoの作成に適したものではないようですので、予定通りPrime TVの売りのひとつである、「ふぬああ」を使うことになりそうです。これに関しては次回以降解説をしたいと思います。

Write a Comment