TVチューナ/ビデオキャプチャボード NOVAC PRIME TV 7133

私は何本かHi8のビデオテープを持っております。今回、Hi8を再生できる機械自体が無くなってしまう恐れを感じデジタルデータ化を考えました。

アナログビデオをデジタル化する方法は幾つかあるのですが、今回はビデオキャプチャボードで一旦PCに取り込みMPEG2化してDVD-Videoにすることを考えました。DVDレコーダは持っておりませんが、 まずは先行してビデオキャプチャボードを買いました。

ビデオキャプチャボードも大きく分けると、ハードウェアエンコードとソフトウェアエンコードがあります。 ハードウェアエンコードの方はPCの性能が低くてもMPEG2のファイルが綺麗に作成できる反面MPEG2以外のファイル作成は苦手なようです。ソフトウェアエンコードの製品は色々なフォーマットのファイルが作成できる反面、高性能なPCが必要のようです。

幸いにして今のPCはパワーがあるので、ソフトウェアエンコード製品にすることにしました。 ソフトウェアエンコード製品も色々ありますが、今回は「価格com」等で比較的評判の良かった 「NOVAC PRIME TV 7133」を購入するこに決定して、秋葉原のDOS/Vパラダイスで8200円で購入しました。

PRIME TV 7133と各種接続ケーブル
PRIME TV 7133と各種接続ケーブル
PRIME TV 7133の内容物
PRIME TV 7133の内容物

まずは設置する前にアンテナケーブルの作成を行います。今回は画質優先の為にPC側のコネクタは低損失のF型栓コネクタを使います。コネクタ加工方法はちょっと特殊です。

アンテナケーブル5C-2V加工前
アンテナケーブル5C-2V加工前
被覆を剥く
被覆を剥く
ペンチで締め付け完成
ペンチで締め付け完成
壁側は一般的なコネクタを取り付け
壁側は一般的なコネクタを取り付け

ボードをPCのPCIの空きポートに挿して、ドライバソフトをインストールして無事にテレビが画面に表示されインストール完了。中々綺麗に画面が表示されています。今回はここで一旦終了して、次回はソフトウェアの使い勝手等について書いてみたいと思います。

ボードのイントール
ボードのイントール
無事テレビ画面が表示
無事テレビ画面が表示

Write a Comment