エコノミー症候群?

先週、出張で飛行機に乗りました。片道11時間程度のフライトだったのですが、到着翌々日に朝起きて立つと左足のふくらはぎが痛いことに気付きました。じっとしていれば痛くないですし、歩いたときの痛みも我慢できる範囲だったので、そのまま様子を見ていたのですが、1週間ほど経った今も歩いたときの痛みが引きません・・・。

おかしいな・・・と思いネットで症状を調べてみると。なんとエコノミー症候群の症状とぴったり合います・・・。エコノミー症候群の正式名称は静脈血栓塞栓症で、長時間ずっと同じ姿勢をしていると血が固まり血管中で血流を止めてしまいます。これが太ももの付け根などにでき足の血の流れを止めていると痛みを感じたりするそうです。

痛いうちはまだ良いのですが、この血栓が突然血管を流れ出して、肺動脈などを詰まらせると死んでしまうという怖い病気です。

もちろん、まだエコノミー症候群と確定したわけではないのですが、明日の朝も痛みが引かなかったら病院に検査に行ってきます。

何が困るって、本当にエコノミー症候群だったら入院が必要だそうです。今の経済状況では入院なんかしていたら会社をクビになってしまうかも・・・。とにかく別の原因であることを祈るのみです。

関連記事

Write a Comment

UTF-8