Page 13 of 29« First...«10111213141516»...Last »

サロマ湖から羅臼

北海道に上陸して3日目のこの日は、サロマ湖を出発して知床半島、根室、を通り釧路に向かいます。ガイドブック上でのこの日の走行距離は420km、6時間ほどになります。そもそも、大変なスケジュールに加えてサロマ湖の位置を勘違いしていたのでかなりの走行距離が見込まれます。しかも、この日の天気は最悪で特に午後から暴風雨が予想されています。どうなることだか・・・

概略走行ルート

サロマ湖のホテルを8時ちょっと前に出発して国道238号線を網走方向へ向かいます。一時間ほどで再び市内へ到着し給油をして、その先を急ぎます。

朝のサロマ湖。この日は午後から暴風雨の予想。

能取湖畔を走ります

網走湖

網走刑務所前

1時間ほどで網走駅前を通過

例年ですとゴールデンウィーク前には知床横断道路の冬季通行止めが解除されるのですが、今年は数日前に雪崩が発生する可能性のある箇所が見つかった為、冬季通行止めが解除されませんでした。予定ではこの知床横断道路をウトロから羅臼へ抜ける予定だったのですがこれは断念です。網走からひたすら国道244号線を走って知床半島東側の標津まで抜けることにします。

この日は天気予報通り途中から雨が降ってきました。この天候だと恐らく知床横断道路を通っても何も見えなかったでしょうから、このコースでちょうど良かったかも知れません。

網走港付近を走ります

オホーツク海沿いに進みます

右側に

濤沸(トーフツ)湖

が広がっています

釧網本線の列車

斜里町へ入ってきます

雨が降ってきました

根北峠に近づいてきました

この辺りはかなり雪が残っています

標津側が更に天候が悪く、本当に豪雨です・・・

この日は走行距離が長い為、標津側に到着したあとそのまま根室方面に向かうか、それともガイドブックに載っている美味しい海鮮料理を食べにあえて知床半島の先端近くの羅臼へ寄り道をしようか迷ったのですが、結局、食欲には勝てず寄り道をして羅臼へまで行きました(笑)。羅臼は知床半島の漁業基地の一つでとにかく海鮮料理が美味しい場所です。

オホーツク海を右に見ながら羅臼へ向かいます

羅臼の街中に入ってきました

道の駅 知床・らうす

羅臼の海沿いにある道の駅です。最近は道の駅と言うとすっかり地元の名産品を売っている場所になりつつありますが、この道の駅も例外ではありません。地元で取れた魚介類がかなりリーズナブルで値段で売っています。結局何も何も買わなかったのですが、後で後悔しました。うに、ほっけなど今思えばかなりお得な価格で売っていました。この道の駅に到着したのはサロマ湖から3時間30分後の11時30分、190kmの走行距離でした。

道の駅 知床・らうす に到着

いくつかの建物があります

名産品直売所

展望台からの眺め。本来は国後島が見えるはずですが、天気が悪すぎます・・・

Page 13 of 29« First...«10111213141516»...Last »

Write a Comment