Page 7 of 9« First...«3456789»

十和田湖、奥入瀬渓流

この日は神奈川まで戻る日です。本当は前日の元旦に十和田湖に行く予定だったのですが、急遽竜飛岬に変わってしまったため、戻る前に十和田湖に寄ってから帰ることにします。

概略走行ルート

十和田湖

この日は、ホテルをちょっと早めの8時過ぎに出発して十和田湖へ向かいます。十和田湖までは約1時間半の道のりです。この日もあまり天候は良くなかったのですが、雪に降られることも無く無事に十和田湖へ到着です。

十和田湖と言えば、その自然の綺麗さで有名な湖です。しかし、通常有名なのは春、夏、秋で、果たして真冬がどういう状態かちょっと不安でした。実際は1月2日にも関わらず十和田湖の中心地、御前ケ浜には観光客が来ており、お土産店なども営業しておりました。天気が良くなかったので眺めはイマイチだったのですが、これが天気が晴れていたら冬でも最高の眺めだったでしょうね。

津軽街道を再び北上します

花輪線八幡平駅付近で、なにやら行事があるようでちょっと混雑

国道103号線を走ります

路面に雪が残っています

発荷峠、標高は631mです。湖面がちょっとだけ見えます。

湖畔の道路

御前ヶ原に到着

十和田湖

ここには多くの白鳥がいます

十和田湖のシンボル、おとめの像

十和田神社へ向かいます

十和田神社

少し人がいます

奥入瀬渓流

こちらも景色が綺麗な事で有名な場所です。冬の間は渓流沿いの遊歩道は立ち入り禁止になっており、じっくり歩く事はできませんでした。雪が多く積もっていればその景色も見応えがあったと思うのですが、今年は中途半端な積雪で、どうも景色もどうも見応えが少なく感じました。次回は緑がある時期か紅葉の時期に行ってみたいですね。

奥入瀬渓流沿いに下ります

石ヶ戸の駐車場に車を止めます

ここでは渓流に下りることができます

渓流

これが石ヶ戸、石の小屋という意味だそうです。

雲井の滝

十和田湖方面に戻ります

これが最大の見所の一つ、銚子大滝

本来は幅広く水が流れているはずだが・・・

鹿角観光ふるさと館

結局、奥入瀬渓流を見終えたのが12時過ぎで、ここから岐路に着きます。まずは鹿角市方面へ戻り東北自動車道に乗ることにします。

高速に乗る前にガソリンを入れようと思ったのですが、この辺りのガソリンは非常に高くレギュラーで133円以上します。来る時に盛岡市内でガソリンを入れたときは、ハイオクで133円でした。なので、少しでもガソリン代を節約しようと考え、とりあえず津軽街道を盛岡方面へ走って安いガソリンスタンドを探すことにしました(笑)。

その途中、鹿角市内で「道の駅かづの、鹿角観光ふるさと館あんとらあ」によって買い物と食事をしました。ここは、おみやげ物や現地の特産品などが売っている売店、レストランなどもあり、買い物をするには最適の場所でした。

十和田湖畔を鹿角方面へ戻ります

再び峠越え

大湯という温泉地を抜けます

国道282号(津軽街道)に入ります

道の駅 かづの

とても大きな道の駅です

Page 7 of 9« First...«3456789»

Write a Comment