Page 5 of 5«12345

名古屋から茅ヶ崎

翌日は茅ヶ崎まで戻ります。行きと同じ国道1号線経由では面白くないので国道153号線で名古屋から豊田市、長野県飯田市、伊那市、岡谷市、諏訪市、山梨県甲府市と内陸部経由で戻ることにします。

概略走行ルート

この日はホテルでランチを食べた後13時に名古屋市内を出発します。国道153号は名古屋から長野県塩尻市まで通じる国道で直ぐにこの国道を走り始めます。道路は基本的に大きな渋滞も無かったですが豊田市内までは都心部だけあって時間も掛かります。豊田市内まで距離にして約25kmなのですが1時間かかりました。豊田市市街地を抜けると山道に入りますこの後は信号も無く順調な道でした。出発から約二時間後に旧愛知県稲武町(現豊田市)の道の駅どんぐりの里いなぶへ到着です。

名古屋市内を出発

153号線を豊田市へ向かいます

豊田市に入ります

豊田市の市街地を抜けます

市街地を抜けると一気に山道に入ります

足助の香嵐渓

途中道を間違えて復帰のためにローカルな道を通過します

伊勢神トンネル

トンネルを抜けると一気に下ります

道の駅 どんぐりの里 いなぶ

20分ほど休憩して再び出発です。この後は長野県飯田市に入ります。飯田市からは国道153号線と並行に走る県道を通って中央高速の伊那ICまで向かいます。伊那ICからは中央高速に乗ります。もちろん通勤割引を利用する為99.9kmの位置にある甲府南ICでおります。まぁこの日は通勤割引が無かったとしてもこのまま中央高速に乗っていると小仏トンネルを先頭にした30kmの渋滞にはまったのでどちらにしても甲府近辺で一般道におりたとは思います。甲府南ICからは上九一色村、精進湖、富士吉田市、山中湖、御殿場、松田町、二宮町、平塚市と通って茅ヶ崎に向かいました。

結局、ほとんど休憩も無い状態で茅ヶ崎に到着したのは23時前、なんと名古屋を出発して10時間で距離は名古屋から405kmでした。海沿い経由に比べて80kmも走行距離が長くなり時間も掛かりこれは想像以上の差でした。

久しぶりの長距離ドライブで良い気分転換になると同時にかなり疲れました(笑)。これからは国内ドライブも積極的に復活させようかなと思っています。

再び出発

山道を走ります

既に長野県に入っています

車も少なくて道も快適

中央高速が見えてきます

飯田駅付近から国道をそれます

飯田駅前

ここから県道

道の駅 いいじま

広域農道を進みます

中央アルプスの山々だが雲で見えない

中央道 諏訪湖SA

Page 5 of 5«12345

Write a Comment