Page 1 of 512345»

茅ヶ崎から名古屋

2週間ほど前に静岡で久しぶりにプライベートの宿泊をしたのですが、その際にやっぱり国内のお気軽ホテル宿泊旅行もいいな~と思い静岡から帰ってきてそのままこの3連休のホテルの予約をしました。さすがに既に2週間前でしたので空室も少なく、特に都会のシティーホテルはほとんど空いていなかったのですが以前から泊まってみたいと思っていた名古屋のホテルがかろうじて空室がありましたのでそこを予約して行き先は名古屋に決まりました。逆を言うとホテルに泊まるだけ為に名古屋に行くのですが、こんな事ばかりしていますので何とも思わなくなってしまいました(笑)。

交通手段はもちろん車です。名古屋まで車で行くのは何回目かわかりませんがかなり行っています。今年はゴールデンウィークにセントレアからタイに行ったのに引き続き2回目です。それ以外にも去年のお正月も名古屋まで行っており別ページで紹介しています。

概略走行ルート

今回はホテルのチェックインが13時からとなっておりますので、その時間に到着することを目処に名古屋に向かいます。もちろん原則一般道を利用することにしますが(笑)、高速道路のETC通勤割引は中々お得なので今回はそれも利用して行くことにします。

ETC通勤割引は6時~9時の間に料金所を入るか出て且つ走行距離が100km以内という条件がついており、時間を考えて一番効率の良いルートを考えます。名古屋までの国道1号線の中で比較的混雑して時間が掛かるのが静岡市から浜松市の間ですので、今回は清水ICから浜松西ICの約92kmを高速を使うことにします。

よって9時までに清水ICから高速に乗るために茅ヶ崎を6時に出発することにします。時間も早い事もあり道路は非常に順調でした。1号線、西湘バイパス、箱根新道、再び1号線と通り静岡市にある清水ICには出発から2時間20分後の8時20分過ぎに到着です。ここまでの走行距離は110kmです。

茅ヶ崎駅前を通過

相模川を渡ります

平塚駅前

大磯町内

西湘バイパス

この日は快晴

箱根の山々が近づいてきます

いよいよ箱根の山登り

箱根新道

箱根峠通過

この日は三島、駿河湾がよく見えました

清水町を通過

沼津市内に入ると愛宕山が見えてきます

沼津市内を通過

富士山がよく見えます

由比バイパスを走行中

清水ICへ到着

清水ICから東名で約92Km先の浜松西ICまで向かいます。浜松西IC次の三ヶ日ICまで行ってしまうと通勤割引50%が無くなってしまうので、必ず浜松西ICで降りる必要があります。この日は90km/h位のスピードで流れに乗って走ってゆきます。途中休憩を入れて浜松西IC到着しのたは10時頃でした。

ここから一般道で海沿いの浜名バイパスに向かいます。坪井ICから浜名バイパスに乗り10分ほどで終点に、そこから海沿い国道42号線、国道23号を走ります。国道23号に入ると後はこれを使って名古屋市内に向かうだけなのですが所々常時混雑をする場所がありますのでそこは裏道を使って抜けます。

最終的に途中お昼ご飯で40分ほど休憩をしましたが、最終的に金山駅前のホテルに到着をしたのは茅ヶ崎を出発してから7時間40分後の13時40分でした。走行距離は325kmです。

東名高速は快適

安倍川を渡ります

日本坂トンネル

大井川を渡ります

遠州豊田PAで休憩

天竜川を渡ります

浜松西ICで降りる

浜名バイパス。台風13号の影響で天気が悪くなってきました。

途中裏道を抜けます

国道23号

23号が混雑する蒲郡市内は裏道を通過

更に農道を抜け23号の混雑を回避します

再び23号

名古屋市内に入ってきました

一旦23号を降ります

もう直ぐ金山駅前です

Page 1 of 512345»

Write a Comment