Page 1 of 71234567»

茅ヶ崎から蔵王·赤湯温泉

今年の年末年始は大晦日から1月2日まで親戚と山形の赤湯温泉で過ごしました。昨年は仕事が忙しくてなかなか国内旅行に行くタイミングがなくGWの南九州以来の国内旅行になります。

今回の目玉?は車が、なんと600万円オーバーの親戚のクラウンアスリートです!私のイプサムはノーマルタイヤ+チェーンしかないのですが、このクラウンアスリートはスタッドレスを履いていますので無敵です(今回の為にン十万円でスタッドレスを買ったという噂もありますが・・・(笑))。実際の感想ですが、さすが高級車!非常に音が静かです。途中一部運転をさせてもらったのですがパワーもあり不用意にアクセルを踏むとスリップし、道路に張り付いて走るという感じです。でも、普段ファミリーカーに乗っている私にとってはスピードより何より高級車!という優越感が私とっては最高です。(笑)

行程は、31日はちょっと早めに出発して途中蔵王の樹氷をみて夕方に赤湯温泉到着。翌日の元旦は山寺で初詣、2日は途中千葉県佐原市の香取神宮によって再び初詣という行程です。通常、私の旅のポリシーでは山形位の距離では一般道メインなのですが、さすがに今回は親戚を巻き込むわけにはいきませんのでほとんど高速です。(笑)

さて、出発の31日は車で一時間ほどの足柄上郡に住んでいる親戚が茅ヶ崎の我々を6時半にピックアップしてくれる予定で私も5時半に起きたのですが、この段階で何のメールも入っていません。本当に出発しているならメールくらいあっても良いので嫌な予感がします(笑)。数分後、この嫌な予感が的中です。親戚からメールが入って到着が7時過ぎになるとのことなのでこの段階で私は再び布団に戻り睡眠です (笑) 。最終的に親戚の茅ヶ崎への到着は8時頃となりそこから出発です。 さすが大晦日、基本的には道もスムーズで横浜新道、首都高速神奈川線・湾岸線・9号深川線・6号向島線・環状1号、東北道と快適に進んでゆきます。福島を過ぎると途中事故渋滞等がありましたが山形自動車道の山形蔵王ICを降りたのが13時過ぎ、最初の目的地である蔵王温泉に到着したのは14時頃でした。

クラウンアスリート

首都高湾岸線

最初の休憩は栃木県の佐野SA

多くの人がいます

この辺は田舎です

福島県に入ると雪が降ってきます

安達太良山が綺麗に見えます

純正のボイスナビゲーション

白石ICから先が事故通行止めなので国見ICで降りようと 思ったのですが、途中で解除になり料金所手前でUターンし本線へ復帰

通行止めの名残で渋滞

村田JCTから山形道へ入る

山形道はかなり雪が多い

山も真っ白

西蔵王有料道路(西蔵王高原ライン)はなかりの雪

蔵王の山々が良く見えます

派手?な除雪車

蔵王の樹氷

山形と言えば蔵王、蔵王といえば樹氷、ということで、最初の到着地は蔵王です。

今シーズンは日本列島は例年以上に冬型の気圧配置に見舞われていて羽越本線の特急「いなほ」の転覆事故のようなに悲惨な事故なども起きています。この日も既に道路には例年に無いほどの雪が積もっています。

この日は途中までは快晴だったのですが、我々が麓とのロープウェイの駅に着いたころには、上の方は雲に隠れたりしておりかなり天気が悪きなって来ました。でも、ここで樹氷を見に行かなかったら何のために山形に来たのか??ということで山頂まで行って来ました。ロープウェイを2本乗り継いで樹氷がみれる地蔵山頂駅へ到着です。そこは想像を絶する世界でした。

気温は-12.2度。この気温は別に良かったのですが下から吹き上げてくる風が超吹雪で体感温度は-20度以下です。駅の目の前には樹氷があるのですが、霧でほとんで見えませんし、寒さでとてもではありませんがじっとしていられません。私は手袋、マフラー、フードなど完全装備だったのですがデジカメで写真を撮るためには手袋は使用できません。手袋を外して1分後に手の感覚が全く無くなってしまいこのままでは凍傷になる恐れがありましたので駅から出て5分後には大人しく駅に戻りました。最終的には私もギブアップしたのですが親戚は薄着、マフラー無し、耳当て・フード無しと無防備な装備でここまで来てしまい私より早くギブアップしていました。(笑)

ちなみに、蔵王ロープウェイ・樹氷に関する情報はこちらです。

蔵王到着

雪の中ロープウェイ乗り場に向かいます

蔵王ロープウェイ

蔵王山麓駅

多くのスキーヤーがいます

これがロープウェイ

中間の樹氷高原駅

かなり雪深くなっています

ここにはストーブがあります

樹氷高原駅を出ます

雪が綺麗ですが、まだ樹氷ではありません

ここから先は複式単線自動循環式(フニテル)という最新式のゴンゴラ

地蔵山頂駅は-12.2度!

外は霧と強風

樹氷も大きいが良く見えない・・・

視界も相当悪い

麓まで降りてくると夕日が出てきました

もうすぐ夕暮れ

蔵王を下山して赤湯温泉に向かいます

Page 1 of 71234567»

Write a Comment