Page 24 of 34« First...«21222324252627»...Last »

モン トランブランからNEWBURGH

早い物で既にアメリカ・カナダで滞在5日目で丸々残っているのが3日間です。やっぱりニューヨークも2日間位は時間をかけてみたいと思いますので、この日にニューヨークまで戻ることにします。ここからニューヨークまでの距離はなんと750Km弱程度あります。これは東京と広島位の距離です。当初は一日で走ってしまおうと思っていたのですが、実はニューヨークのホテルは非常に高くて、ニューヨークに夜着いて高い金額を払って1泊するよりは、この日はニューヨークのちょっと手前まで行って翌朝ニューヨークへ向かう方が効率的だと考え、ニューヨークの手前65マイル(約100km)の街NEWBURGH(ニューバーク)(位置)に宿泊することにして、この日はNEW BURGHを目指します。

モン トランブランから国境

それでもNEW BURGHまで600Km強、東京から岡山程度の距離があり休憩無しで走っても6時間くらいはかかりそうだったので早めの午前8時前にモン トランブランを後にしてトランスカナダハイウェイ15号でアメリカ方面を目指します。途中目立った渋滞も無く9時半頃モントリオール市内を通過して11時前に国境到着です。

帰りの国境では税金払い戻しに関するちょっとした手続きが可能です。カナダは税金が高く、州にも寄るのですがケベック州の場合、一部の物を除き州税7.75%、国の消費税7.75%の合計15%の税金がかかります。通常税金の払い戻しは高額な商品をその国で買いそれを国外に持ち出すときのみなのですが、カナダの場合は色々条件はありますが宿泊費から国の消費税7.75%が戻ってきます。飛行機等でカナダを出国する場合の払い戻しは後の振込みや郵送となりちょっと面倒くさいようですが、車での出国の場合は現金で払い戻してくれます。ただし、全ての国境で現金で払い戻しが受けれるわけでなく、免税店のあるような大きな国境のみだそうです。

トランスカナダハイウェイ15号とインターステート87号の国境の場合、カナダ側から進んでいくとアメリカ入国ブースの直前に免税店があります。その免税店の中に税金払い戻しカウンターがありますので、そこで領収書、パスポート、アメリカから帰りの航空券などを出します。すると払い戻し金額を計算してくれて専用の清算書を作ってくれます。ここでは実際に現金はくれないので、そのまま店内を進んでレジに向かいます。そこに清算書を出すと現金がもらえます。実際に現金でお金をもらわないで店内の商品の購入と相殺することも可能です。また、レジでは払い戻し税金やお釣をカナダドルではなくてUS$でもらうことや、手持ちのカナダドルをUS$へ両替してもらうことも可能です。

さて、この後車で出発するのですが、ちょっと注意が必要です。この免税店の裏側を通り国境のブースに行くのですが、この免税店から出ると乗用車のブースに入っていく所が見つけづらくトラックの方に間違えて入っていってしまう可能性があるので十分注意してください。私の場合も間違えてトラックの方に入っていってしまい。ブースでパスポートを渡してから気付きました(笑)。私の場合、後ろからトラックが来ていなかったのでそのままバックして乗用車用ブースへ入りました。

モン トランブランを出発

途中霧が・・・

霧も晴れて10分ほどでサンジョビットの街へ

ここから国道117号とトランスカナダハイウェイ15号

一時間半ほどでモントリオール市内

再びセントローレンス川を渡ります

これが渡ってきた橋

草原地帯を走る

アメリカへの国境へ到着

これが免税店

一見ガソリンスタンドの様

免税店のすぐ先は国境ブース

国境からFort Ticonderoga

国境を越えて最初の街Champlainでインターステートを一旦降りて目の前のマクドナルドでご飯を食べて12時過ぎに再び出発です。この日は高速道路をひたすら走っているのですが、日本同様、どうも高速道路というのは面白くありません。当たり前ですが景色もずっと同じです。国道を走る目的を含めて観光地を探します。こんな場所を紹介した日本のガイドブックなんてありませんので、英語のAAAツアーブックで探します。するとインターステートから外れた場所に『Fort Ticonderoga』 (位置)という18世紀にイギリス軍とフランス軍が戦ったという砦があることがわかりましたので、そこを目指します。そこでChamplainから100Km程南下したインターステート87号の28番出口を出て国道74号で走ること20分「Fort Ticonderoga」へ到着です。

さて、この「Fort Ticonderoga」ですが、そこそこ観光客はいますがもちろん日本人など全くいません(笑)。実際に砦を見るには12US$/人の入場料が必要なことがわかりました。どうしようかと迷ったのですが、日本語の案内板がある訳も無く入っても歴史等が良くわかるわけでないので入るのはやめました(笑)。

Champlainのマクドナルド

約5ドル

再びインターステート87号を南下

アディロンダック州立公園を走る

28番出口を出る

国道とは言え快適

所々に民家がある

車は殆どいない

ずっと続く道

途中Amtrak(旅客鉄道)の駅を発見

Ticonderoga駅です

ニューヨークとモントリオールを結ぶアディロンダック号が一日一本あるだけです

しかし、こんな場所で列車を降りても車が無ければ何処にも行けない

Fort Ticonderogaの敷地へ入る

駐車場

綺麗な公園になっています

この建物から砦に入ってゆく

この林の向こう側がとても大きいLake Champlain

Fort TiconderogaからNEWBURGH

Fort Ticonderogaから本日の宿泊地NEWBURGHまで300km弱です。この時点で時間は2時半前後でしたが、どうしてもインターステートは退屈なのでしばらく国道で南下するとにします。この日は国道22号線でHudson Falls,を通りGlens Fallsから再びインターステート87号に乗ります。結局宿泊地のNEWBURGHに到着したのが18時過ぎで、この日の走行距離は約650kmとなりました。

国道22号線

こちらも快適な道です

車が殆どいません

一直線の道

牧場

途中湖が点在しています

街中に入ってくる

スクールバスが家の前に到着

Glens Fallsの町中

綺麗な街です

再びインターステート87号へ

ここから100Km程で本日の宿泊地へ到着です

日も傾いてきました

18時過ぎに到着

Page 24 of 34« First...«21222324252627»...Last »

Write a Comment