Page 15 of 34« First...«12131415161718»...Last »

ケベックシティー

ケベックシティーはケベック州の州都で、その歴史経緯からもモントリオール以上にフランス文化の強い場所です。モントリオール同様に新市街と旧市街があり旧市街の方はフランスにいるのでは?と思うほどフランス様式の建造物が立っております。この旧市街地は全体がユネスコの世界文化遺産に登録されておりその美しさは必見です。ところで、我々は紅葉目当てに日帰りで来たこのケベックシティーですが、なんとあまり紅葉をしていなく、気温も20度以上あって歩いていると暑いくらいでした。でも、紅葉は無くともその街全体は非常に綺麗な場所でした。

今回は数時間ですが、ケベックシティーの旧市街を回りましたので、それを紹介したいと思います。なお、モントリオールの旧市街同様旧市街は車での移動は不可能ですので、車を止めて歩いて回ることをお勧めします。旧市街の中に駐車場は沢山ありますので、止めるのにそれほど困らないと思います。今回は市庁舎の地下にある駐車場を利用しました。3時間ちょっと止めて11C$でした。

ノートルダム大聖堂(Basilique-Cathedrale Notre-Dame-de-Quebec)

350年のあるカトリック教会だそうです。現在の建物は1925年に再建されたものとのことです。内部はその装飾等が綺麗で素晴らしいですが、モントリオールのノートルダム大聖堂を見た後だとちょっと寂しく感じてしまうかも・・・

ノートルダム大聖堂

内部

天井に豪華な飾り付けがあります

色々な装飾がされています

ノートルダム大聖堂の正面に市庁舎があります

その横の地下が駐車場

大聖堂横の道

小さなお店が沢山あります

La Boutique de Noel de Quebec 一年中クリスマス用品が売っています

モンモランシー公園(Parc Montmorency)

ノートルダム大聖堂の裏側にある公園です。旧市街から下を見下ろす砦の上に作られておりセントローレンス川からやってくる敵を撃つために作られた大砲がなどが残っています。ここも紅葉をしていればもっと綺麗なはずなのですが。

モンモランシー公園

セントローレンス川に向けて作られた大砲

郵便局

ケベックの有名ホテル、フェアモント・ル・シャトー・フロントナック

セントローレンス川の大型客船

セントローレンス側は非常に大きな川です

アルム広場(Place d’Armes) & テラス・デュフラン(Terras Dufferine)

どちらも、ケベックシティーのランドマークであるフェアモント・ル・シャー・フロントナックホテルの前にある広場です。アムル広場は以前軍隊の訓練や儀式の場であったそうです。テラス・デュフランはホテル前から川沿いに伸びる非常に大きなテラスでホテルやセントローレンス川が非常に良く見える最高の散歩コースです。

アムル広場

広場のモニュメント

フェアモント·ル·シャトー・フロントナック ホテル

ホテル前の像

テラス・デュフラン

テラス・デュフランからホテル

セントローレンス川

とても大きな川でここから河口まで数百キロあるのですが、

川幅が太くここから下流は橋がありません

フェアモント·ル・シャー·フロントナック(Fairmont Le Cateau Frontnac)

ケベックシティーのランドマークになっているホテルです。セントローレンス川の目の前に堂々と立っておりその風格は素晴らしいです。内部も色々な装飾がしてあり素晴らしい雰囲気です。ホテル内をじっくり見学できる見学ツアーもあるようです。

特徴のある外観

エントランス

ロビー

館内の通路

ショッピングモール

プチ·シャンプラン地区(Quartier Petit Champlain)

砦の下に唯一栄えた集落で砦の上からはフニキュラーと呼ばれる45度の斜面を降りるケーブルカーで降りることができます。(徒歩でも5分程度)。これらの集落は狭い道にさまざまなお店があり砦の上とはまた違った雰囲気を出しています。

フニキラーで下に降ります

こんな感じの乗り物

街の案内

狭い路地に色々な店があります

ロワイヤル広場。400年前の入植当時の中心地

ビルの壁面に巨大な壁画

上から全体を見る

Page 15 of 34« First...«12131415161718»...Last »

Write a Comment