Page 4 of 34«1234567»...Last »

成田からニューヨーク [New Style, CLUB ANA] (2/2)

食事(和食)

続いて和食です。こちらは私は食べてないので味は良く分からないのですが、美味しかったとのことです。和食の説明は「日本各地の地味をご紹介しながら、郷土料理をシリーズでご賞味いただいております。今回ご案内するのは、宮廷料理の流れを汲み、医食同源の多彩な食文化が花咲く沖縄。個性豊かな献立と一緒に、琉球泡盛”端泉 赤ラベル”お楽しみください。」です

琉球泡盛”端泉 赤ラベル”

前菜

かじき昆布巻き、花烏賊、豚胡麻香味焼き、豆腐よう、島らっきょう塩漬け、紅芋白扇上げ

こま貝と蛸のもずく酢

ミミガー(豚の耳皮)ともやしの胡麻和え

主菜

ラフテー(豚角煮)、うじら豆腐、クーブイリチー(昆布炒め煮)

デザートはマロンムース秋の装いキャラメルソースを選択

コーヒー

軽いお食事

ニューヨーク便は食事が終わると夜に入ります。その間にお腹が空いた人には軽い食事を取ることができます。生麺タイプうどん、カップ麺、おにぎり、お粥、ピッツァ、ディニィッシュペストリー、コンソメスープ、チーズ、アイスクリームから選ぶことが出来ます。この日は欲張って、きつねうどんを食べたのですがこれがなかなか本格的で美味しかったです。

きつねうどん

コンソメスープ

朝食(洋食)

ニューヨーク到着の約2時間前から朝食のサービスが始まります。朝食といっても日本時間では午後10時なので胃の調子も良く分からなくなっています(笑)。朝食も前の食事同様に和食と洋食から選択可能です。いままでプライベートのアメリカ便ではノースウェスト航空のエコノミーを利用することが多く、ノースウェストの場合は焼きそばなどとても食べる気の起こらない物が多かったのですが、さすがにANAのビジネスクラスだけあり非常に美味しかったです。先に洋食の紹介をします。

洋食

きのこのオムレツ トリュフのソース

モーニングロール

フレッシュフルーツ

朝食(和食)

和食も洋食同様、美味しかったとのことです。

和食

五色素麺、三色手毬寿司、甘味

てんぷら

Connexion By Boeing

前にも書きましたが、このフライトは機内でConnexion By Boeingという無線又は有線でインターネットサービスが利用できます。接続は通信衛星経由になりますので実際どの程度のスピードがでるのかよく分かりませんが聞く所によろると数百kbpsは出るようです。料金が\3,000円とちょっと高めということもあり実際には使用しませんでした。

機内無線LANを検出

飛行ルート他

ニューヨーク線の飛行ルートは太平洋を真っ直ぐに横切るのではありません。成田を出ると犬吠埼沖を通過して北上し、北海道の襟裳岬の沖を通過してそのままひたすら北上極東ロシアを通りアラスカのアンカレッジ上空、カナダ北部、トロントと通りニューヨークに着きます。一見、ずいぶん遠回りしているような感じもしますが、地球は丸いのでこのような経路が一番最短なのです。この日はロシア上空を越えている間はところどころ揺れがありましたが、アンカレッジ上空ではオーロラを見ることがで、そのままアメリカまでも雲も無く非常に良い天気でした。結局出発が40分程度遅れたこともあり到着も予定より15分遅れの午前11時でした。

成田を離陸して犬吠崎沖を北上

途中はずっと薄い雲の中

朝日が登ってくる

到着2時間前程度にカナダ五大湖上空に入る

ニューヨーク州の北部

ハドソン川に沿って南下

川幅が大きくなってきて空港のあるロングアイランドが見えてくる

もうロングアイランドが目の前

Page 4 of 34«1234567»...Last »

Write a Comment